八潮駅を拠点としたバスについて その2

前回に引き続き、今回も八潮駅を拠点としたバスについての紹介を行なっていきます。

つくばエクスプレスの開通に伴って開発が進み、合わせて人口が増えた八潮氏は、八潮駅周辺を中心に今なお開発が進められています。
バス停の数も非常に充実しており、前回紹介した通り、駅から徒歩30分圏内の場合、まずバス停に困るということは少ないでしょう。

八潮駅を拠点としたバスについて、今回は街の中の移動以外に関することをご紹介していきます。

なんと、八潮駅からは、空港連絡バスも出ているのです。
空港を利用するような移動になる場合、荷物が多くなりやすいですよね。
荷物が多いと、電車に乗り換えて、バスに乗り換えて……と、空港に着くまでの移動で荷物を持って動き回る必要があり、移動そのものに対する労力が大きくなってしまうものです。
しかし、八潮駅からは直通バスが出ているので、八潮駅から荷物を預けてバスに乗れば、空港までの移動を非常に楽に済ませることができるようになりますよ。

空港直通バスは、羽田空港までは運賃が1100円で、所要時間は約60分程度、羽田空港までは運賃が3000円で所要時間は約80分程度です。
それほど高くもありませんし、八潮市に住んでいて空港を利用するのなら、ぜひこのバスの利用を検討したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です