八潮市も含まれているつくばエクスプレスタウンとは?

つくばエクスプレス開通に伴い、八潮市をはじめとしたつくばエクスプレス沿線の街が賑わいを見せているというお話は、これまでにも何度かしてきましたね。
中でも、八潮市(八潮南部中央)、三鷹市(三鷹中央)、流山市(流山おおたかの森)、柏市(柏北部東)、つくばみらい市(つくばみどりの里)、つくば市(研究学園 葛城)、つくば市(中根・金田台)の7都市は「つくばエクスプレスタウン」として特に開発が進められています。
今回は、そんなつくばエクスプレスタウンについてのご紹介です。

つくばエクスプレスタウンでは、上記の7都市において開発が進められています。
それぞれ駅前を中心にショッピングセンターやマンション、戸建てなどの建築が進められており、それぞれの街にコンセプトが掲げられているのが特徴です。
例えば弊社が多くの物件を取扱う八潮市には、「元気な家族のアクティブタウン」というコンセプトが添えらえています。
自然が多く、かつ活発になりつつある八潮市の八潮南部中部には、このコンセプトに沿ってますます元気な街として家族向けの街になっていくでしょう。

他には、三郷中央に「暮らしの中で水と緑の豊かさが実感できる街」、つくばみどりの里には「スローライフを肌で感じる、緑織りなす大地」というコンセプトが掲げられています。
都市へのアクセスに優れ、かつ開発が進んでいくつくばエクスプレス沿線の街は、今後さらに発展を続けていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です