リノベーションしやすいマンション②

中古マンションの購入に関してリノベーションを合わせてご検討の方は、「リノベーションしやすいマンション」がどういったものであるのかを知っている方が購入後も後悔することがないマンション探しをしていただけますから、リノベーションを考えていらっしゃる方は今回も参考にしてくださいね。

さて、リノベーションを考えていらっしゃる場合は、中古マンションの築年数はできるだけ20年以上のものにした方が、建物の資産価値が大幅に下がり出す頃なので、マンションの購入費用を安く抑え、リノベーションに多くの費用を投資できるようにすることができます。

築年数が20年を超えてくると、内装はもちろん住宅内の設備や配管などが振るう、ボロボロになってしまっているのではないかという心配がつきまといますが、気になるところはリノベーションで全て新しくすることができますから、あまり心配する必要はないでしょう。

とは言っても、支出の幅が大きくなり過ぎれば古い物件を購入する意味がなくなってしまいますから、不動産屋だけではなくリノベーション業者にも相談しながらマンション選びをして、常にどれくらいの支出が必要になるのか、総額の見積もりを出すことを心がけたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です