つくばエクスプレスの乗り心地向上に向けた取り組み

通勤や通学など決して短くはない時間を毎日のように続ける中では、その電車の乗り心地が良いものであるか否かは、その時間を快適に過ごすためには欠かせない重要なポイントになってくるものですよね。
こうした点においてつくばエクスプレスでは様々な取り組みを行っているようですので、参考にいくつかご紹介させていただきます。

 

 

まずつくばエクスプレスでは、線路を形成するレールから快適な乗り心地実現のために工夫が行われており、1メートルあたりの重量が60キログラムという新幹線同様の仕様が仕様が仕様が採用されていますので、高速でも安定した走行を実現していることが特徴的です。

 
また、一般的な通勤型車両よりも15センチだけではありますが幅が広く作られていますし、セミクロスシートを採用している車両も多く、乗客の方々に快適にゆったりと過ごしてもらいやすいようになっているとのことですし、車体構造がそもそも遮音性を高める構造になっているそうですよ。

 

電車といえば、季節によっては効きすぎた冷房が気になるという方もいらっしゃることかと思いますが、3号車は弱冷房車とされているなどの工夫もされていますので、そういった心配も必要ありませんよ。

床下収納の活用方法〜洗面所編〜

前回はキッチンまわりの床下収納の活用方法について提案させていただきましたが、今回はキッチンまわりに並んで床下収納が設置されていることが多い洗面所の床下収納の活用方法についてご紹介させていただきます。

 
洗面所といえば収納スペースの確保がしにくく、それでも掃除用具や詰め替え用品、タオルなど必要なものが多く、できるだけ多くのものを収納したいところですから、床下収納を活用して上手い収納を行いたいところですよね。

 

 

基本的にキッチンまわり同様、使用頻度の高いものの収納には向いていませんから、基本的には詰め替え用品や予備のタオル、寝間着などを収納すると良いでしょう。

 

石鹸などは細かく収納しにくく、またタオルなどはできるだけほこりなどがかからないようにしておきたいことと思いますので、石鹸などの小物は取っ手のついたカゴに、タオルなどのほこりを避けたいものは蓋つきの収納ケースなどを活用して、できるだけ多くのものを重ねて収納することがお勧めですよ。

 

合わせてティッシュペーパーやトイレットペーパーなどの収納をするにも、床下収納でしたら目立つことがありませんので収納するものとしてはおすすめですよ。

床下収納の活用方法〜キッチン編〜

ものが少なく、綺麗に整頓された部屋というものは誰もが憧れるものかと思いますが、どうしても物が多くなってしまうことはありますから、そういった場合には収納環境が物件内にどの程度整っているのかということが重要です。

 
そこで今回紹介するのが、部屋を見渡した時視界に入らない魅力的な、しかし見落としがちな収納空間である床下収納の活用方法ですが、まずはキッチンまわりに床下収納がある場合について説明していきますね。

 

まず、床下収納は湿度や温度が一定であるとは限らないこと・取り出す頻度が高いものを入れてしまうと面倒になってしまうことなどを考慮し、予備の調味料や飲料などを入れておくことをお勧めします。

 

生活していくと、特に料理などを積極的にやっている方にとっては予備の調味料や缶詰などの存在は欠かせず、どうしても溜まっていってしまうものですが、たくさんの予備を用意しておくとそれだけでスペースをとってしまううえに、活用はあまりされませんから、こういったものは床下収納に整頓して収納しておくとキッチンの少ないスペースがスッキリするのでおすすめです。

 

また、漬物を作っているという方は、床下収納を貯蔵場所とするのもおすすめですよ。

八潮駅の構内設備について

引越しの際にはメインで利用する最寄駅を決め、そのうえで最寄駅に合わせて駅から近いような物件を選ぶという方は多くいらっしゃるかと思いますが、駅の選び方には交通の便の良さの他にも忘れがちですが駅構内の設備を確認しておきたいところですので、今回は八潮駅の駅構内設備についてご紹介していきます。

 
まず、緊急時の備えとしてAEDや駅の係員呼び出しボタンが完備されているほか、エスカレーターや大型エレベーターなどの駅構内での移動を快適にするものも揃っていますし、公衆電話などもしっかり備えらているので、携帯電話を持たないお子様の送り迎えなどでも苦労することはないでしょう。

 

ハンドル型電動車椅子の利用も可能になっていますし、多機能トイレも備わっているので障がいを持つ方でも一定レベルの行動を行うことは可能になっているでしょう。

 

近年は比較的多くの駅で設置される傾向にありますが、ホームからの転落事故防止のための可動式ホーム柵があるのも魅力的で、これらの工夫のおかげか八潮駅を通るつくばエクスプレスでは遅延が少なくなっているので、比較的遅延などを気にして少し早めに家を出るなどしなくても良いのは大きな魅力の一つですね。

お手入れを比較的楽にするための庭づくり②

お手入れしやすくおしゃれな庭づくりをできるようになることができれば、庭付きの家を持つ・あるいは将来庭付きの家を購入したいと考えている方にとっては願っても無いことですよね。

 

そこで前回はお手入れしやすい庭の作り方について紹介し、柔らかい土作りを心がける、ハーブなど育てやすい植物を最初は使用するなどをご紹介しましたが、今回はその続きとして育てやすいハーブを詳しく紹介していきたいと思いますので、ぜひ一度育ててみることを考えてくださいね。

 
まずはミントですが、ミントは多年草ですので、一度植えるとそれだけで大きな手入れなしに毎年楽しむことができるようになっているほか、日当たりの良くない場所でも育てやすくなっていますし、水やりを頻繁に行う必要もないので、お手入れの時間をしっかりとることが難しそうな方にもオススメです。

 

ただ繁殖力が強すぎるというデメリットもありますので、ほかの植物の成長を阻害しかねないため、ミント以外の植物も合わせて庭づくりにしたいという方の場合は、できるだけ植木鉢などに植えることがおすすめです。

 

他にも料理などへの活用もしやすいという点で、バジルやローズマリーなどもおすすめとなっており、共通して育てやすいものとなっています。

 

バジルはミントと違って一年草ですが、種が溢れれば次の年に芽が出てくることもありますし、種をいくつかとってしっかり埋めればまた楽しむことができますよ。