八潮駅構内のユニバーサルデザインについて

快適な駅に欠かせないのが、バリアフリーなどの快適に過ごしやすい駅作りがされているかということですから、今回は八潮駅のユニバーサルデザインについてご紹介していきたいと思います。

 

まず、八潮駅は大きな荷物を持った方や車椅子をご利用の方、お子様連れの方、盲導犬と一緒の方などでも利用しやすいように、かなり広めの自動改札口が設置されていますから、改札幅が狭くて通りにくく、困った思いをするという心配が軽減されています。

 

他にも、使いやすさの追求によって車椅子の方でも利用しやすいよう券売機の足元に足元空間を設けることで、車椅子の方でも券売機の目の前で切符の購入ができるようになっているのも魅力的ですよね。

 

駅構内の段差はほぼ排除されており、車椅子の方以外にも、ベビーカーをご利用のお客様や視覚障がいをお持ちの方の「段差があるかもしれない」というストレスの軽減に大きな貢献をしてくれるでしょう。

 

また、これは八潮駅に関わらずつくばエクスプレスの駅全てに言えることですが、駅番号を設定されているため、お子様だけに乗車を任せる場合でも、番号を告げれば降り間違いなどを防ぐことにつながりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です