つくばエクスプレスの魅力について①

たくさんの魅力に裏付けされた人気を誇るつくばエクスプレスですが、その魅力については再認識をする機会もそう無いことかもしれませんので、今回は前回に引き続き、つくばエクスプレスの魅力についてご紹介していきたいと思います。

 

 

まず、つくばエクスプレスはスピードという側面において非常に優れた魅力を有しており、つくばエクスプレスを駅が通過して行った時には非常に強い突風を経験したという方も多いことでしょうが、それもそのはずで、つくばエクスプレスは最高時速130キロを誇っており、秋葉原〜つくば間を最速45分で移動することが可能になっています。

 
長距離をあっという間に移動することを可能にしているこの特徴によって、つくばエクスプレスは通勤や通学を目的とした層から非常に大きな人気を有しており、この点が利用者増へ大きな役割を担ったと言っても過言ではありません。

 
また、最長18キロメートルのロングレールの実現などによって、カーブによって体を揺すられるなどのストレスを軽減し、快適な乗り心地の実現にも大きな貢献をしていますし、社内環境という面では、以前もご紹介したような車両内の無線LANへの対応も魅力的ですね。

リビング学習が良いとされる理由

近年はお子様に対する教育意識の高い親御様が増加傾向にあり、そういった方々ならば一度は聞いたことがあるのでは?というキーワードの一つに「リビング学習」というものがありますが、このリビング学習がお子様の学習に対し良い効果をもたらしているであろうとされている裏には、どういった理由があるのでしょうか。

 

 

まず、自室ではなくリビングという必要最低限のものだけが揃った空間で勉強することによって、自室に比べて誘惑が少ない環境を作り出すことができますので、誘惑に負けずに勉強するための集中力を磨くことができるとされているという理由がありますし、他にも、おうちの人が側にいるという環境下で勉強することで、「見られている」「勉強しなければ」といった程よい緊張感を持って学習に取り込むことも可能になるでしょうし、テレビやキッチンでの炊事の音などの雑音が響く中での学習は集中力の向上にきっと一役買ってくれます。

 

 

また、小学校低学年ほどの勉強の場合は特に、万が一お子様が解答に行き詰まってしまったとしても、お子様の特徴を理解した上で一緒に考えて、アドバイスをすることができるようになりますよね。

オートロックの魅力とは

マンションやアパートなどの新居を探す際には様々な条件を加味するもので、その中でも、特に女性にとって魅力的な条件の一つにオートロックという条件がありますが、このオートロックの魅力にはどういったものがあるのでしょうか。

 

 

まず、一般的にも有名なのが防犯性の向上に関する点で、オートロックでその住居に住んでいる人以外の侵入を防ぐことによって、不審者が家の玄関の目の前をうろうろすることは無くなりますし、その結果空き巣などに狙われる可能性も低くなることでしょう。

 

また、意外と目につきにくく、しかし非常にありがたいのが、勧誘の人などに対する効果で、勧誘の人を玄関先では無くインターフォン越しで断ることができることはもちろん、オートロックであるというだけで断られやすくなることを考えて勧誘の人が来にくくなるとされているという点をあげることができるんですよ。

 

 

しかし、これだけの魅力があれば、当然デメリットのようなものもあるもので、共益費などの支出がオートロックが無いマンションやアパートに比べると高くついてしまいがちなものですので、その点だけは忘れることはなく、しっかりと覚えておくようにしましょう。

八潮市のゴミ出しルールについて〜燃えるゴミ編〜

快適に生活をしていく上で意外と忘れがちで、しかし大切にしたいルールはたくさんありますが、その中でも大切にしたいルールにゴミ出しのルールというものがありますが、このルールは共通しているようで、意外と地域差が生じてしまっているようなものですので、今回は八潮市のゴミ出しルールについて、まずは燃えるゴミのルールからご紹介していきたいと思います。

八潮市で燃えるゴミに分類されるものとしては、主に生ゴミや皮革製品、ゴム製品、プラスチック類などを挙げることができますが、それらのものの中でも金属が付着・付属しているものは可能な限り取り外しを行う、ゴミの大きさは単品で50センチメートル以下、直径10センチメートル以下にする、などの細かいルールがあることを忘れてはいけません。
また、燃えるゴミというと、ついつい紙や布などを連想してしまう方も多いことかと思いますが、基本的にこれらは資源として活用することができるため、八潮市では資源ごみの対象とし、「資源 紙・布類」の日に出すことが推進されているので、できるだけこれらのゴミは資源ゴミとして出すようにしたいものですね。
同様に、食品白色トレイなども生ゴミなどと同様に燃えるゴミにされてしまいがちですが、資源として再利用することが可能ですので、できるだけ再資源化のためにも市役所やリサイクルプラザなどの公共施設等の拠点収集場所等へ出すことを心がけるようにしましょう。

高層マンションに住むデメリット

前回は、高層マンションに住むことによって生じるメリットについて、高層階ならではのメリットの他にも、高層マンションという付加価値の高い物件に住むことによって得られるホテルライクな生活についてご紹介しましたね。

 
こうしてメリットばかりを挙げていると、高層マンションは非の打ち所のない、非常に魅力的な物件に感じやすいですが、メリットがあればその裏には必ずデメリットがあるものですので、今回は高層マンションに住むことのデメリットについて、ご紹介したいと思います。

高層マンションに住むデメリットとしてはあまり多くを挙げることができませんが、例えば多くの階で多くの人が利用することになってしまうので、通勤時間帯のエレベーターが混みやすく予想外に時間がかかってしまうので時間的な余裕を持つ必要がある、階やマンションによっては、どこかへ飛んでいったり落ちてしまう危険性があるため布団を外に干すのが禁止であるケースもある、高層階に住むと低層階に比べてどうしても揺れを感じやすくなってしまう、などが挙げられます。

 
多くの人が暮らしており、生活空間が高いところにあるからこそ、抱えてしまう悩みもあるのですね。

いかがでしたか?高層マンションに住むことで生じるメリットやデメリットはしっかり把握して、そのうえで選択するようにしたいですね。

高層マンションに住むメリット

つくばエクスプレス沿線では、利用者増加の流れとともに沿線にある街での人口増加も続いており、その流れに沿って街の開発が活発に行われて行っていますが、その中には高層マンションの建築も多く含まれていますので、今回は高層マンションに入居するメリットについてご紹介したいと思います。
高層マンションに住むことで受けるメリットにはたくさんのものが挙げられ、例えば高層階に住む方にとっては部屋から見ることのできる眺望の良さを挙げる方が多くいらっしゃいますし、窓を開けてもハエなどの虫が入って来にくい傾向があるうえ、風通しの良い部屋であれば夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことも可能になっていると言われていますが、高層階ではなかったとしても、マンションそのもので実施されているサービスが豊富であり、コンシェルジュやガードマンなど、ホテルライクな生活を過ごすことが可能になっている点は高層マンション全体に共通して当てはまりやすい、大きな魅力ですよね。

いかがでしたか?次回は、今回の内容を踏まえたうえで、高層マンションに入居するデメリットについてご紹介しますので、ぜひご覧くださいませ。

つくばエクスプレスの歴史

秋葉原駅とつくば駅をつなぐ鉄道路線「つくばエクスプレス」が開通したのは、2005年8月24日のことで、1978年の「第二常盤線」の構想から数えれば27年、1994年の着工以来11年の歳月と、8400億円もの事業費を要した、一大プロジェクトでした。

東京都心とつくばを結ぶ路線建設に関する検討の歴史は、前述の通り27年、あるいはもっと長くから続くものとされており、常盤線の混雑緩和を主目的とし、進められてきました。

 
常磐新線の事業主体が未定であったこと、また、建設運営経費が巨額となるであろうとされたところから整備方策が特記されており、その中では常磐新線の混雑緩和に関する内容はもちろん、資金調達を含めた建設運営段階での関係者の全面的支援の必要性、それによる国鉄や地方公共団体、金融機関等による検討と具体化の必要性について述べられています。

 
当初予定ではつくば駅から東京駅までを結ぶものとされていましたが、費用面から秋葉原駅とすることになり、また、当面の建設区間は秋葉原から筑波学園研究都市とされ、完成後はJR東日本が運営を行うなどの方針が決定されましたが、最終的には現在の首都圏新都市鉄道が運営を行う形になっているなど様々な紆余曲折を経て、つくばエクスプレスは開通に至ったのです。

キッチンの最適な高さとは

家事のなかでも大きな割合を占めることが多いキッチンでの調理などを楽しみ、かつ負担を極力抑え、使いやすいものにしていくためには、キッチンカウンターの高さを自分の体、なかでも身長に合わせた最適なものにしていく必要があります。

腰に負担のかからないシンクの高さは、基本的に切るときの体制を基準に高さを出されており、その計算式は「(身長)÷2+2.5cm」とされており、つまり身長160cmの人であればカウンターの高さが80cmのものを、165cmの人であれば85cmのものを選ぶと切るときの体制として適切な、使用しやすい高さになるとされています。

しかし、あくまでもこれは「切る」作業に適切な高さであり、洗い物作業に適した高さというわけではありませんので、台所仕事で最も多くの時間を費やし、かつ身体に大きな負担をかけてしまう洗い物の作業を行っていくシンク台の高さは、人によって様々ですがこの高さにさらに2〜3cm程度足した高さのものにすることがおすすめですよ。

キッチンの高さは、JIS規格にあるように5cmごとに選ぶことができるようになっているものがほとんどですので、その中から身長による適切な高さを合わせることはもちろん、実際にオープンハウスなどで確認する中で、自分の身体にしっかりと合わせたものを選んでくださいね。

駅近物件のメリット

交通アクセスの良い駅のある土地を選び、時間的なストレスを少なく、かつ都心に住むことに比べて費用を抑えて…ということをお考えの方にとっては、駅に近い物件を選ぶということは、新居探しの基本事項となってくるでしょう。

 
そこで今回は、駅近物件に住むメリットにはどういったものを挙げることができるのか、改めて駅までのアクセス以外に重きを置いて、いくつかご紹介していきたいと思います。

 

 

駅近物件に住む最大のメリットはやはり駅までのアクセスが良いところですが、駅からの距離が短いということは、お仕事の帰りが遅くても帰路に長い時間を要する必要がなくなるということにもなるうえに、駅近ということで大型ショッピングモールなどが展開されていることも多く、お買い物に困らず、かつ生活環境も整っていますし、夜道が照らされていることが多く、暗い道を歩く必要もなくなるので、女性にとっては安心できますよね。

 
よほどマイナーな駅でない限りコンビニやスーパーは最低限整えられているものですし、八潮駅などは上述のような大型ショッピングモールが展開されており、非常に暮らしやすい土地になっていますよ。

 

 

次回は今回の内容を踏まえ、駅近物件に潜むデメリットについてご紹介していきます。

室内に洗濯機置き場があった方が良い理由

一人暮らしの物件を探している中で、できるだけ費用を抑えようと条件を厳選していると、その中に「洗濯機置き場が室内か室外か」という条件を目にすることがあると思いますが、洗濯機置き場が室内にある方が良いとされている理由とはいったいどういったものなのでしょうか。

 

室外に洗濯機があると、当然洗濯機は雨風にさらされることになりますので、劣化へのスピードが早くなりがちな傾向にありますし、外に洗濯物を置いておくことになりますので、騒音問題で近所の方にご迷惑をかけ、関係の悪化につながる可能性もありますし、洗濯物を取り込む際に汚れてしまったり、女性の方であれば洗濯中に洗濯機を止められて、下着を盗られてしまう…というような事態にも繋がってしまいます。

 
室内に洗濯機があれば、室外に置いているときほどは劣化への影響を抑えることができるうえに、室内である分自分はうるさく感じることもあるかもしれませんが、騒音でご迷惑をかける範囲も狭くなるかもしれませんし、なにより衣服が汚れたり、盗まれたりといった心配をする必要がなくなります。

 

 

ベランダなどの場所であればあるいは…という方もいらっしゃるでしょうが、予算にゆとりがある分には、洗濯機置き場は室内にある物件を選ぶことをおすすめします。